自分はインプラント治療が難しい?それならできる範囲で改善を図りましょう!

インプラントが難しい原因は様々

ソケットリフトとは

上顎の高さが足りない状態にあれば、インプラント治療を受けるのが難しくなります。その際、ソケットリフトにより顎の状態を上げる必要があります。

インプラントを埋めるための穴を上顎洞付近まで開けてから、底を押し上げてできた空間に骨補填材を入れてスペースを確保する治療法となります。傷口が小さくて済むうえ細菌感染のリスクが低いのがポイントです。また、処置時間も長期にならないため、治療における負担軽減が図れます。

なお、インプラント治療をするには、顎の骨が10ミリ以上の高さが必要です。ソケットリフトであれば5ミリ程度の高さまでは確保できます。しかし、顎の骨の高さが5ミリ以下の人は、サイナスリフトによる治療となるでしょう。

サイナスリフトとは

インプラント治療を受ける前に高さを出す場合、上顎の高さが5ミリ以下の状態にあればソケットリフトによる治療が難しいです。その際は、サイナスリフトによる治療を受けるようになります。凡その流れとしては、歯茎を横から切開を行い骨を削った後にインプラントを埋め込む上顎洞の底を押し上げます。

サイナスリフトの強みは、一度に広い範囲の骨を造成するのが可能です。顎の骨が低い人以外に複数の本数をインプラント治療したい場合にも有効な方法となるでしょう。

なお、サイナスリフトで補填した人口骨が安定するには少なくても半年以上は掛かるようです。他にも、ソケットリフトと比較しても身体への負担は大きい傾向にあります。各種不安があれば、歯科医師に相談してください。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る