自分はインプラント治療が難しい?それならできる範囲で改善を図りましょう!

健康面に不安がある人もインプラント治療が難しい

健康な状態にしておくのが大事

糖尿病の症状を抱えていたり予備軍の状態にある人がインプラント治療を受けると、健康面で様々なリスクが出ます。

例えば、インプラント治療は顎の骨を露出する機会があるため、骨が空気に触れてしまいます。歯科医院では衛生面の対策は万全にしているでしょうが、細菌感染のリスクは出ます。2型糖尿病が理由で免疫力が低下している状態にあればより感染のリスクが高まり、場合によっては治療ができないかもしれません。他にも心理面のストレスに伴い、血糖値のコントロールが間に合わない可能性もあります。

糖尿病のリスクがある人は、日頃から可能な範囲で適度な運動をしたり食生活の見直しを図るようにしましょう。また、治療中や通院をしている人は、かかりつけ医に相談してください。

生活習慣改善を図るために

2型糖尿病や予備軍の人は、可能な範囲で生活習慣の改善をすればインプラント治療を受けられる可能性が出ます。

食生活の見直しの観点では、できるだけ食物繊維が多い野菜やきのこ類を多く摂取しましょう。血糖値の上昇を抑えてくれるので、糖尿病予防にも効果が見込めます。間に合わない場合は野菜ジュースの摂取も良いかもしれません。

運動不足で悩みがちな人は、最初から強度の高い運動をしても長く続けられません。ウォーキングや室内でできるストレッチで良いので、運動習慣を身に着ける所から始めましょう。習慣化できると血糖値のコントロールをしやすくします。また、ストレス解消の観点でもプラスになります。

インプラント治療が切っ掛けで生活習慣の改善ができると、健康面で良い循環を得られるかもしれません。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る